南阿佐ケ谷にあるカフェのような完全禁煙のアコースティックライブハウス「オンザルーフプラス」TEL : 03-6383-2457

LESSON〈アカペラ教室など〉

  • HOME »
  • LESSON〈アカペラ教室など〉

◆アカペラ本舗 presents アカペラワークショップ

・日程 1/22(日)、2/18(土)、3/18(土)hompows_image_800-450
/   4/16(日)、5/20(土)、6/18(日)
・時間 13:00〜15:00(1〜3、5月)
/   09:30〜11:30(4月)
/   13:00〜18:00(6月)
・講師 中村高生(アカペラ本舗主宰)
・料金 初回参加時のみ 3,300円(事前払い)
/   2回目参加以降 2,000円(当日払い)
/   発表会+懇親会 (6月) 4,000円

<概要>
アカペラ本舗がアレンジした楽曲を課題曲として、アレンジャーの視点を交えながら、いかにしてリードやコーラスに命を吹き込んでいくのか?どうやって歌えばハモりやすくなるのか?といったことを歌いながら指導していきます。お一人様でもグループでも、お友達同士でも大歓迎です。

講師プロフィール
中村高生(なかむら たかお)
武蔵野音楽大学卒。尚美ディプロマコース(ピアノ)修了。アカペラ本舗/弦カル本舗主宰。
クラッシックピアノを勉強していたが、ふと出会ったアカペラコーラスに惹かれ、以後ハーモニーアンサンブルの世界に浸る。もともとポピュラー音楽志向だったこともあり、現在はポピュラーコーラスアレンジ/作曲、ピアノアレンジ、合唱伴奏、音楽講師といった仕事をしている。
アカペラアレンジは世界の一流アーティスト達にも認められた。出版物も「アカペラで歌うビートルズ(リットーミュージック刊)」や、サニーサイドミュージック出版より多数。合唱団、アカペラグループなどからの委嘱アレンジも数え切れないほど。CD収録へのアレンジ提供も多数。生涯アレンジ曲数1000曲超(うちアカペラアレンジは6~7割)。一見難しそうに見える譜面も歌ってみると歌いやすい譜面作りをモットーとしている。易しいアレンジにも常に楽しい仕掛けを入れることを忘れない。
アカペラワークショップを各地で開催し、好評を得ている。その指導は若者からシニアにまで信頼は厚い。また自治体の音楽プログラムや音楽サークル活動支援なども積極的に行っている。
シンガーとしてJAMやKAJAといったアカペライベントなどに出場。グループとしても吉祥寺ジャズコンテスト審査員特別賞、群馬県玉村町アカペラコンテスト特別賞、練馬アカペラコンテスト準グランプリなどの受賞歴がある。ジャズコーラスグループ「パナシェ」(現在は解散)では都内レストラン、ライブハウスなどでワンマンライブやイベントなどを多数企画。日本では珍しいかなり本格的な混声ジャズコーラスグループを主宰していた。

◆マスボン トランペットスクール(定期レッスン)

・日程 個人レッスン 水曜(月1〜2回 / 単発も承ります)fumie_s
////グループレッスン 第1土曜日(月1回、半年契約)
・時間 個人レッスン 60分(19:30/20:00/20:30)
////グループレッスン 13:00〜16:00(180分)
・対象 個人レッスン 初心者〜
////グループレッスン 中級者〜
・講師 増永フミエ(トランペット奏者)
・料金 個人・グループレッスンとも 1回7,000円
////※個人レッスンキャンセル料
////・日程確定〜3日前:2,000円
////・前々日〜前日:4,000円
////・当日:全額
////※グループレッスンは半年契約。契約期間内は欠席・途中退出による返金はありません。

<概要>
個人レッスン…楽器の構え方・楽器のお手入れの仕方・楽譜の読み方・リズムトレーニング・音を出す前の準備・簡単な歌の練習・音の出し方・スケール・基礎練習・教則本・吹奏楽やオーケストラの曲など、生徒さんに合わせたレッスンを行います。
グループレッスン…トランペット四重奏(ピアノ伴奏付き)アンサンブルレッスンです。中級者(楽譜が読めて、ある程度音を出せる方)以上が対象となります。

毎年8月には発表会を開催しています。日頃のレッスンの成果を存分に発揮していただけます!

講師プロフィール
増永フミエ(ますなが ふみえ)
東京音楽大学器楽科トランペット専攻卒業。10歳よりトランペットを始め、中学、高校、大学と吹奏楽、オーケストラに励む。トランペットを元NHK交響楽団首席津堅直弘、NHK交響楽団佛坂咲千生、九州交響楽団八馬俊也、各氏に師事。ブラスバンドで全日本音楽コンクールに出場、ウィーン大賞取得。大学在学中にアメリカアイダホ州に一時留学し、ハービー・フィリップス氏にアンサンブルの指導を受ける。その後、ジャズやポップスに興味を持ちクラシック以外のジャンルの仕事も始める。卒業後、宮本亜門ミュージカル「くるみ割り人形」オーケストラ参加、島谷ひとみ等アーティストのサポートメンバーとしてテレビ出演やライブツアーに参加する。同時に歌を歌ってみたいという気持ちからコーラスグループ「ペコンボ」に参加。その後メンバーとして歌とトランペット演奏を披露し数々のアルバムを発売する。2012年9月「マスボントランペットスクール」を主宰 。現在、ブライダルチャペル演奏、トランペットアンサンブル、ライブ活動など、勢力的に活動。 また、子供向けにホースや漏斗を使った「手づくりトランペットのワークショップ」を開催し好評を得る。2014年4月ニューヨークに3週間滞在し語学を学びながら様々なJazz sessionを重ね、帰国後も様々なミュージシャンとのセッションや自身の演奏活動に力を入れている。2014年9月地元福岡中洲ジャズフェスティバルに初出演を果たす。

北村嘉一郎と学ぶボイスパーカッション 

・日程 ※次回の開催は未定
・講師 北村嘉一郎(ジャズ・ボイスパーカッショニスト)

<概要>
対象…入門から中級レベルまで。バスドラム、ハイハット、スネアがなんとなくできる人(できなくても教えるので大丈夫です)。
講義内容…ボイスパーカッションのパートの役割と理解/リズム感を養う練習/タイム感を作る練習/リズムの種類についての整理/譜面の使い方/フィルインの入れ方/カウント/ピックアップ/アンサンブルにおけるマナー/伴奏テクニックについてなど。

講師プロフィール
北村嘉一郎(きたむら かいちろう)
ジャズ・ボイスパーカッショニスト。
幼少よりピアノに親しみ、大学在学中の1996年、プロアカペラグループ「TRY-TONE (トライトーン)」に加入、以降、2007年まで11年にわたりメンバーとして活躍した。
2008年からはソロアーティストとして独立。「納谷嘉彦(pf)」、「クリヤマコト(pf)」、「里見紀子(Vln)」などのグループを経て、2010年からは「ギラジルカ(vo)」、「矢幅歩(vo)」、「Marie(vo)」などのグループでも活躍。また、国際的な活躍も目覚ましく、2013年には世界最高峰と評されるスウェーデンのアカペラグループ「The Real Group」の来日記念盤にゲストとして録音参加する。そして、2015年にはオーストラリアを代表するコーラスグループ「The Idea of North」とジョイントライブをシドニーとアデレードで敢行。2016年5月には続編のツアーも予定されるなど、活躍の場は世界に広がりつつある。楽器に並ぶクオリティーと表現力豊かな演奏、特に、吸うスネアを基本にしたバランスのとれた奏法は、ボイスパーカッションのモデルの一つとして高い評価を受けている。
一方、インストラクターとしての実績も多く、アカペラ関係を中心に国内のみならず、韓国、台湾、香港、マカオ、中国など海外でも講義を行い好評を博している。2011年からは台湾に本部を置く国際アカペラNPO法人「Vocal Asia(ボーカルアジア)」の「日本代表」にも選任され、国際交流にも力を注ぐ。
■船橋市民文化創造館ワークショップ「ボイスパーカッション講座」講師(2011年)
■「金沢アカペラタウン」イベントアドバイザー(2011年〜)
■「夢・ねりまアカペラコンクール」、「金沢アカペラコンクール」審査員(2012年)
■千葉市文化振興財団「ボイスパーカッション講座(5回シリーズ)」講師(2012年9月〜11月)
■「Vocal Asia 国際アカペラフェスティバル ミュージックキャンプ・ボイスパーカッション講座(台湾・中国・韓国)」講師(2011年〜)、
■「St.Paul’s Co-Educational College(香港)」サマーミュージックコース講師、「香港国際アカペラコンテスト」審査員(2013年)
■熊本県天草市「天草ロマンティック海道〜アカペラコンサート」企画アドバイザー(2013年〜)
■山梨県河口湖町「甲州アカペラサミット」企画アドバイザー(2013年〜)
■香港国際アカペラコンクール審査員(2013〜)

◆アカペラワークショップ 〜Lee ABE 特別講座〜(単発)

・日程 ※次回の開催は未定
・講師 阿部恒憲(バークリー音楽大学准教授 / More Than Four / ex.Syncopation)

<概要> ※以下の概要は 2017.03.20 に開催された「グルーヴ講座」のものです。
バークリー音楽大学コンテンポラリー作曲・制作科准教授であり、米国を拠点に活躍したジャズボーカルグループ「Syncopation」、および現在活躍中のジャズボーカルカルテット「More Than Four」のメンバーである「リー・アベ」こと阿部恒憲氏による、グルーヴにフォーカスを当てたワークショップです。
歌い手はもちろんのこと、ボイスパーカッショニスト、アカペラ編曲者、そしてアカペラだけに限らず音楽を深く理解したいと思っていらっしゃる皆様が対象です。音楽の三大要素のひとつである「リズム」をより深く掘り下げ、「ノリ」を追求することで曲をより深く理解し、アレンジや演奏をワンランクアップさせるヒントを探ってみませんか。

講師プロフィール
阿部恒憲(あべ つねのり)
バークリー音楽大学ジャズ作曲科次席卒業。現在同大学コンテンポラリー作曲・制作科准教授。共演者にボストン・ポップス・オーケストラ、グラミー受ノミネートのフィル・ウィルソンおよびルシアナ・ソウザ、タイガー大越、カルロス菅野、塩谷哲、則竹裕之など。
唯一の日本人メンバーとして2002〜2013年まで活動を続けていたジャズ・ボーカル・グループ「Syncopation(しんこぺーしょん)」にて、ボーカル、作編曲およびプロデュースを担当し、グループ通算3枚のアルバムを発売。2008年発売のアルバム「Wonderful You」に収録されている「High And Dry」は、全米最大のア・カペラコンペティション「Harmony Sweepstakes」のボストン地区予選、全米本選の両方で、日本人では初の受賞となる「ベストアレンジャー賞」を受賞。2012年には、S&Rワシントン賞を、作曲家として受賞。その作編曲能力は、マンハッタントランスファーのシェリル・ベンティーン、ニューヨーク・ヴォイセスのキム・ナザリアン、ボストン・ポップスのキース・ロックハート等からも絶賛されており、日米両国で多数の楽譜が発売されている。現在はジャズ・ボーカル・グループ「More Than Four」のボーカル、作編曲、プロデュースとして活躍中。
また、日本人でありながら本場アメリカの黒人教会でゴスペルクワイアを3年に渡って指導。25年以上に渡って活動を続けるボストンのジャズクワイア「Boston Jazz Voices」のディレクターも務めるなど、アメリカのコーラス界でもユニークな活動を展開。日本でも「日本の教育界にジャズ/ポップコーラスや根付かせる」というライフワークのもと、編曲、スキャットなどを中心とした教育活動にも力を入れており、帰国ツアー時には各地でワークショップも行っている。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.