agitatoブラジリアンギターデュオ「agitato(アジタート)」。彼らが繰り出すサウンドはブラジリアンの枠に収まらない、個性的な二人の化学反応のよる彼らにしかない特別なもの。そんな彼らが、ギターの生演奏にはもってこいの音の響きを持つ阿佐ケ谷のアコースティックライブハウス「オン・ザ・ルーフ・プラス」に登場!2本のギターによって奏でられる極上の世界をぜひ体感しにいらしてくださいませ。

【agitato Live at ON THE ROOF+】
・日時 2016.03.12(土) 18:30オープン/19:00スタート
・出演 agitato(中西文彦:ギター / 尾花毅:7弦ギター)
・料金 2,500円(1ドリンク込)

中西文彦 プロフィール
中学時代からギターに目覚め、パティ・スミス、トム・ウェイツ、トーキング・ヘッズなどニューヨー ク系のサウンドに強い影響を受ける。後年、東京から移り住んだ湘南で突如ブラジル音楽に傾倒、バー デン・パウエルのギターに夢中になる。同時にクラッシックギターの研究にも取り組み、中峰秀雄氏に師事。2001年ブラジルに渡り、サンパウロにてソロコンサートを行う。2006年ピカイアパンデイロスペシャルに参加、2枚のアルバムを発表。現在は自己のユニット「The シャンゴーズ」の活動を中心に様々なセッションを展開。繊細なガットギターとアバンギャルドなエレキギターを使いこなす、新しいタイプのブラジリアン・スタイルのギタリストである。

尾花毅 プロフィール
8歳よりクラシックギターを始める。学生時代はポップスやロックを演奏してきたが、20歳の頃、トニーニョ・オルタの音楽に出会ってからブラジル音楽の世界にのめりこむ。様々なブラジルスタイルのギターを研究してきたが、数年前に7弦ギターに出会ってから、ショーロ/サンバにおけるその役割に多大な影響を受け現在に至る。THEシャンゴーズ、Demais×Demais、SonDeCaribe、Grupo Cadensia 等のユニットにメンバーとして参加する他、ブラジル音楽系歌手のサポートなどで年間150本程度のライブを行っている。

※ご予約は お問合せフォーム からお願い致します。