6年前の 今日、私は千葉県の銚子にいました。「地球の丸く見える丘展望館」という360度見渡せる展望台で眺めを楽しんでいました。その場には40〜50代の男女6人ほどの団体がいて、彼らはかなりはしゃいでいました(^_^;)。そんなとき、地震は起こりました。実はその場の体感では震度3ないし4くらいでした。例の団体はちょうどその頃、はしゃぎ過ぎて飛び跳ねたりしていたので、もしかしたら地震ではなくその団体がはしゃいでいたからかも…と本気で思ったくらいでした。景色を堪能して階下の喫茶で一休みしようとしたところ、なにやらただならぬ雰囲気。皆さんがテレビに釘付けになっていました。ちょうどその時、九段会館の天井が落ちたことを伝えていました。?!一体何が起こったのか? ほどなくして、さっきの揺れがはしゃいでいたせいではなく、震度5弱の地震だったこと、最大震度7だったこと、日本全土で地震を観測していたことを知りました。その後、ありえないほどの引き波、そしてテレビでさんざん流れた横一列の津波をその展望台でリアルに目撃しました。にわかに現実とは思えない、SFの話ではないかと勘違いするほどの衝撃でした。

そのおよそ1年半後、遅まきながらふと思い立ち、仙台の荒浜地区付近に行きました。大きなものは取り除かれていましたが、すべて流された状態のまま。場所によってはまだがれきなどが高く積み上げられたままの状態のところもありました。まったく復興が進んでいないことに、再び衝撃を覚えました。

あれから6年。未だに12万人以上の方が避難を余儀なくされているという。実際にはもっといるのでしょう。最近実にくだらないニュースばかりがテレビやネットを賑わせているが、お役人の方々や「先生方」にはぜひもっと復興に力を注いでほしいと心から願っています。

本日、私(マスター)が参加している男声アカペラバンド「WINS阿佐ケ谷」のリハーサルがあり、メンバーみんなで14時46分に黙祷を行いました。改めて、一日も早い復興を心から願っています。

さて、来週の予定ですが…
・3/18(土) アカペラ本舗 presents アカペラワークショップ vol.8
・3/19(日) March’s Sounds
・3/20(月祝) アカペラワークショップ 〜Lee ABE グルーヴ講座〜
の3本でございます。
3/19(日) の March’s Sounds では、上述のWINS阿佐ケ谷も出演するスリーマンライブです。私の歌っている姿を見てみたいという奇特な方(笑)は、ぜひお越しください。

なお、来週はカフェ営業を行いません。翌週再開致します。ご了承くださいませ。

ステキな一週間を!